2018.5.8(金)at新代田FEEVER 「The Messthetics JAPANTOUR2018」


The Messthetics (from Washington, D.C.)
Crypt City
SOSITE
and more 1band

OPEN 18:30 / START 19:00
ADV ¥3900 (+1drink) ※1dirink ¥600

チケットのご予約は当HPのメール予約、またTwitterでも承っています。
FEEVER店頭や下記でもご予約できます。
L:71575 / P:114-554
LAWSON、ぴあ、e+にて 4.8(sun) Ticket on sale!!
LAWSON PCMOB / ぴあ PCMOB / e+ PCMOB


180525.jpg

the messthetics HP

現在活動休止中のFUGAZIのメンバーであるブレンダン・キャンティとジョー・ラリー、そしてワシントンD.C.拠点のソロ・ギタリストとして活動していたアンソニーピログの3人からなる新バンド、「The Messthetics」
バンド名と同名の1stアルバム『The Messthetics』を3/23にディスコードレコードよりリリースする。The Messtheticsの結成は2016年。FUGAZIのリズム・セクションの2人、キャンティーとラリーが一緒にレコーディングを共にするのは2002年のフガジ活動休止以来初めて。
この新作アルバムを提げて新バンドで来日ツアー(東京・名古屋・大阪・福岡)を開催。更にイベント参加という形で、2013年5月27日に急性心不全のため逝去したbloodthirsty butchers 吉村秀樹をこよなく愛する集い『nocon vol.13』We love b.t.b !We love hideki yoshimura ! にゲスト出演。
注;ブッチャーズは1991年にFUGAZIとの共演を機に北海道から上京。過 去 3 回 の来日公演にて共演を果たすなどとても所縁のあるアーティストでした。
関西・奈良ではレコード店/レーベル「THROAT RECORDS」を経営し、地元に根ざしつつ精力的な活動を続けるオルタナティブロックバンド LOSTAGEが開催するイベントにて共演します。

なお、現在活動休止中のFUGAZIのドキュメンタリー映画『INSTRUMENT フガジ:インストゥルメント』日本語字幕付・フルHDリマスター版は本日3月17日(土)より新宿K's cinemaほか全国順次公開。(本作は1987年から1998年のライヴ映像を中心に、レコーディング・シーンやメンバーのインタビュー、舞台裏の貴重な映像を織り込みながらフガジの軌跡を追った作品。監督はジェム・コーエン。)
新作とドキュメントで予習をして、待望のツアーに奮って参戦してほしい!!
映画公式サイト:http://www.curiouscope.jp/FUGAZI/ (c)1998, 2018 Dischord Records
招聘・ツアーに関するお問い合わせ;http://www.dum-dum.tv/